政治インテリジェンスサークル・ripec通信

インテリジェンスを軸に政治、経済、国際情勢について考えるサークルです。随時メンバー募集してますので、気軽にご連絡ください。記事を読んだら適当に広告クリックしていただけると、更新の励みになります。ご支援のほどよろしくお願いいたします。

日本人の老後の生活資金を奪いに来るロックフェラー

 

「日本人の老後の生活資金を奪いに来るロックフェラー」

 

 今年に入り、東京三菱UFJ銀行は劣後債を4500億円、三井住友銀行は1300億円、発行している。サブプライム債券、デリヴァティヴ投資での大損失=世界大恐慌で絶命寸前の銀行のカンフル剤として、「他の債券に劣後して借入金を支払えば良い」と言う安直な資金集めを劣後債で行い、自分達の銀行の投機の失敗を日 本国民の預貯金で穴埋めし、損失のツケを、日本の健全なサラリーマンに「支払わせようとする」、極めて悪質なサギ行為である。

 

 

金融業界の水面下では、この三菱と三井の不良債権を「何者かの圧力によって」、みずほ銀行に「市場評価より、はるかに高い値段で買い取らせる」強引な、「不良債権の一極集中政策」が実行されている。

 

一方、ロックフェラーが大株主である新生銀行も、ロックフェラー=ボスの指令で購入したサブプライム債券、デリヴァティヴ投資での大損失を抱え、その不良債権を「丸々、銀行ごと」、あおぞら銀行に買い取らせ、不良債権と言う硫酸で溶けかかった新生銀行を抱きかかえた、あおぞら銀行も溶解し始める時が到来した際には、 あおぞら銀行と、みずほ銀行の合併により、不良債権の一極集中を行うプランが、策定され始めている。

 

こうして「巨大損失のブラックホール」となった、みずほ銀行が最終的には倒産する事で、その債券・株が紙クズになる=日本国民の資産で、サブプライム債券、デリヴァティヴ投資での大損失を「ファイナンス=穴埋め」する戦略であり、あるいは、みずほ銀行に公的資金=税金を投入し、日本国民の資金=税金で穴埋めする目算 である。

 

この債券の紙クズ化で泣く者達が、本年、三菱、三井の発行した劣後債を購入した、「大手銀行なら安心」と安直に信用し、投資を行った日本国民である。ババ抜きのババを掴んだ者達は、早期にガン細胞の摘出手術を行った方が得策かも知れない。

 

こうして、ロックフェラーの失敗は、常に、日本人の老後の預貯金に「ツケが回されて来る」。

 

 

by AL